Featured Posts

まめしぼり

オムツかぶれも注意ですね

梅雨らしい時期に入りましたので、なんとなくお肌はじめじめする時期になりましたね。 赤ちゃんを抱っこしていると密着面はお互いに暑いですよね。 皆さんの中には月経中にサニタリーナプキンによってお肌が荒れる方もいらっしゃると思います。 この時期から、夏にかけては本当に厄介です。 そして、赤ちゃんのオムツかぶれも注意の時期です。 何しろ、汗+おしっこですから。オムツの中は、それこそムレムレでしょう。 オムツを開けて見たら、お尻が真っ赤なんてこともあります。 オムツかぶれはなり易い子とそうでない子がいますが、かぶれてしまった時の対処方をご紹介します。 まずは当然ながら、お尻を清潔に保つことです。 ウンチの回数が多い赤ちゃんはお尻をぬるま湯でウンチのたびにお尻を洗いましょう。 熱めのお湯は皮脂を流しすぎてしまうこともあるので、ぬるめがおすすめです。 時期が時期ですから、お座るができる子は暑いくらいの日であれば、行水もいいですね。 お尻を拭く時はこすらないようにしましょう。 取りにくい汚れはオリーブオイルやたくさん水分を含ませたお尻拭きで、優しく拭き取ります。 もちろん、前述したお尻を洗うでも良いですし、霧吹きにぬるま湯をいれて流すでも良いですよ。 ただしお尻を洗ったり、行水をした後は、水分を押し拭きでよく取ります。あせもにも通じるのですが水分が残っていると、かえって肌荒れの原因になります。 よく乾燥させると言う意味では、しばらくオムツをつけず乾燥させると言うのも効果的です。 さらに水分を拭き取った後はワセリンなどで保湿です。 こんな対処をしても改善しない時は、小児科や皮膚科にお薬を出しても

あせもの季節

一足早い日々の暑さ。 湿度と気温で大人でも朝から一歩外に出ればじっとりと汗が浮かんできます。 これから梅雨入りをして、さらに夏がきて・・・と思うと少々気が重くなります。 小さなお子さんたちの悩みの一つは「あせも」かもしれませんね。 子供達のお肌はデリケートですし、何しろ汗腺が大人よりもずっと多い。 ですから、この時期はすぐに赤くなったりしますよね。 あせものケアの基本は清潔です。 オムツも清潔に保ちます。 さらに身につける衣類の素材。お肌に優しいのは綿素材などの天然素材、水分の吸湿性も良く、お手入れも簡単です。 そして、こまめに汗を拭きましょう。でも、汗を拭き取る時にこすらないようにします。 ぬるめの沐浴やシャワーも良いですよ。その後、お肌に残った水分はきちんと拭き取ります。 お子様たちは首の下、脇、足の付け根、肘や膝の裏に水分が残りやすいのです。 そして、お肌が乾燥しがちなお子様は保湿にも気をつけましょう。 それでもあせもが悪化するときは、専門医の治療を受けることも大切です。 お部屋の温度などの環境や、衣類の調節。何かと気を使うこと時が多い時期ですが 一人で悩まずに迷うときは相談してくださいね。

近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

  当サイトの無断転用を禁じます。

           Copyright(C)2019

 

© 2023 by Mums Tums and babies. Proudly created with Wix.com

Follow Us
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Facebook Black Round